プリント基板の作成について学んでいこう!

プリント基板作成でCADソフトは不可欠!

プリント基板作成でCADソフトは不可欠! 最近の半導体設計においては非常に多くの機能が搭載されるようになってきており、アナログのICだけではセット基板の機能を実現することが難しくなってきています。
そうしたなかで、現在ではプリント基板設計においてはアナログICに加えてデジタルICも実装するようになってきており、アナログとデジタルのインタフェース部分についてきっちりとした設計を実施していくことが大切になってきました。
これまでのプリント基板設計においてはアナログ信号の処理をメインに行っていけば良かったのですが、これまで以上にしっかりとしたCAD設計が必要不可欠になってきています。
このようななかで、現在ではプリント基板に対して非常に多くの機能が搭載されるようになっており、手書きの回路図では細かなミスが発生するため、こうしたヒューマンエラーをなくすためにもCADソフトが活用されています。
CADソフトのなかには検証ツールの機能も搭載されており、より精度の高い設計を行うことができます。

プリント基板作成でCADソフトが使用されるようになった背景

プリント基板作成でCADソフトが使用されるようになった背景 プリント基板設計は、嘗ては紙と鉛筆を用いて図面を書き起こすというアナログな手法が採られていました。
時代が下って1980年代になるとCADソフトによる電子画面上での設計が可能となり、更に時代が下った現在ではCADによる設計は欠かせないものとなっています。
その背景ですが、まず電子画面上の設計となる事で修正・再製作が容易というCADの特性が挙げられます。
様々な補助機能もソフトに内包する事が出来る為、アナログな手法と比較して短時間で効率的な設計が実現するという事情もあります。
加えて電子機器における小型化・軽量化が進んだという、製品側の事情も背景として大きいと言えます。
プリント基板設計でこうしたニーズに応えるには、限られた範囲に多彩な情報を正確に詰め込む必要が生じます。
こうした条件下ではCADソフトの効率性や補助ツールを効果的に活用出来なければ、もはや要求に応えられるだけの設計が整わないという事情もあるのです。

新着情報

◎2018/7/5

基礎と設計、図解作成の概要
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

CADソフトの比較方法
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

有料プリント基板のCADソフト
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基板 設計」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@makakara001他1人 その実験の一端は自分が行うくらいじゃないと行けませんね…。 今基板設計中なので、年末年始あたりには…。

Kailh Chocの場合は逆位置が基本ですし、一方、MXで漏れ効果を狙うタイプの場合はより使用者の目に入る手前側にLEDが来たほうがよいので正位置になります。なので、基板設計者の意図よって配置が変わってくるかと。

Twittermonksoffunk(もんく)Zinc Attack25天キーで販売予定@monksoffunkJP

返信 リツイート1 昨日 22:15

約一日かけて製作したSM1350AAQM搭載マイクアンプ(保留音機能付き)がついに完成しました! 昨日の夜から設計・はんだ付けをして今日は基板の動作確認とケース加工、組立をし、指先はボロボロになりましたがうまく動いてくれて感動! Skypeやツイキャスなどで使うことを想定しています。 pic.twitter.com/DomrwCHccW

Twitterエルファニックめろん🍈@ElphanicMelon

返信 リツイート 昨日 20:20

一点接続派の人が諦めてベタとViaをたくさん使う設計に移行すると感動すると思うんだよな。古典的設計より遥かにEMC性能が向上する。どうせ4層以上の基板で全層のGNDループ切るのなんて無理しないとできないし。

センサー基板の改良型とドライバ基板設計だけやっとくか

...テールを光らすと・・・・ 「尾灯点灯!」 なんだこりゃ・・・な印象です。 まちゃけんさんの言葉を借りると「後ろは見ないことにしています(常点灯後の機関車)」という手も無くも無いです。 原因は、ライトの基板側にあります。 「白色・赤色切り替え式一体LED」 設計当初は電球式だったのかもしれませんが、なんでこのような構造にしたのか・・・。 これは、ライトプリズムから作り直すしか有りません。これが評判...

基板設計しよ

最近はCADで設計して中華メーカーに発注とか、完全にPC内で完結できるぽいプリント基板制作だけど、40年ほど前の初歩のラジオに載っていた思う、記事の図版を厚紙に貼り付けはんだ付けするランドをハトメで作っていく紙基板、あの力技考えた人すごいなw昔は普通だったのかね??

3SK291を使った14.318MHz可変帯域ラダーフィルターIF 3段増幅基板。IF 3段では発振して処置なしだったので、バラックのままIF 2段に手直ししたらうまく動作した。IF 2段に設計し直した基板をエッチングして、部品の移植中。 pic.twitter.com/3P0QDS2SgJ

返信先:@GarageStyleMsc 初心者が基板直付の設計なんかしません(^◇^;)

Twitter小澤 博 ”SIVA” 正解は40デニール@S_project_siva

返信 リツイート 昨日 12:36