プリント基板の作成について学んでいこう!

無料で使えるプリント基板のCADソフトについて

無料で使えるプリント基板のCADソフトについて 昔は基盤設計は専門業者に依頼することが多かったですが、現在では様々なPCB設計用CADが無料で使用できるので個人でプリント基板の作成ができます。
回路設計者と基盤設計者の意思疎通を図る為には適切な指示書が必要になりますが、意図が伝わらずに作業が滞ってしまうこともあります。
フリーソフトを利用して自分で基盤設計も行えれば、そのような事態を防ぐことが可能です。
規模の小さな回路であれば自分で基盤設計までやった方が作業が円滑に進みますし、思い通りの基盤ができます。
無料でプリント基板の作成ができる基板設計CADはたくさんあり、使い方を覚えるのにある程度の時間はかかりますが、一度覚えてしまえばかなりのメリットが得られます。
基盤設計者の苦労や考え方が分かるようになる為、基盤設計を外注する場合に的確な指示が出せるようになります。
フリーソフトの中には版下の印刷が出来るものもあるので、感光基板を利用してプリント基板が簡単に作成できますし、ガーバーファイルを出力できるものもある為、基盤業者への発注が楽になります。
自分でプリント基板の作成を行うことは時間やコストの低減に繋がるので、無料で利用できる基板設計CADの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

無料で使えるプリント基板のCADソフトの選び方

無料で使えるプリント基板のCADソフトの選び方 プリント基板の開発で回路図や基板データを作成するには、CADツールを使用します。
一般の開発メーカーでは装置ごとにライセンスを購入し、多くの機能を搭載している有料版を利用しますが、個人の場合は必要最低限の機能さえ搭載していれば無料版のCADツールでも問題ありません。
選び方としては、プリント基板の製造を依頼する予定の業者が必要としているデータフォーマットで出力できるタイプが最優先となります。
通常プリント基板発注の際に必要とされるデータは、回路図データかもしくはネットリスト、部品表など部品に関する各種資料のほか基板外形図や設計指示書が必須です。
回路図データ等それぞれについて提出すべき拡張子が指定されているため、各種データの作成は業者の公式Webサイトで必要フォーマットを確認するかもしくは直接問い合わせてから行います。
設計指示書は特にフォーマットがありませんが、業者によってはWebサイト上で直接入力するケースもあるためそれに従います。

新着情報

◎2018/4/4

CADソフトの比較方法
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

有料プリント基板のCADソフト
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基板 無料」
に関連するツイート
Twitter